top of page

見るからに堅牢なスマホホルダーはやっぱりドイツ生まれでした



「busch + muller(ブッシュ&ミューラー)」は、自転車のハブダイナモライトやミラーの製造で有名なドイツの総合メーカーです。


「ドイツの~」とか、とか「ドイツ製の~」とかを聞くと、どこか「生真面目でカッチリとしていて、いかにも堅牢な人たち、もしくは製品」のイメージを抱いてしまうのは僕だけでしょうか・・・?


そもそも「busch + muller」なんて長い社名に使われている文字のほとんどが子音なので、これだけでも充分に堅い!

堅すぎる!!



そんな彼らドイツ人のメーカーが造ったスマホホルダー「Universal Cockpit Adapter(ユニバーサル コックピット アダプター)」ですから、ヤワなはずがありません。


スマホを上下・左右の四方向から掴むアームは、それ自体の保持力もさることながら、高さ(深さ)も13mmありますのでスタンダードなシリコンのスマホケースなら、かぶせたままホールド出来ちゃいます。



加えて、アームの内側にはクッション材が備わっているので、より滑りにくくなっています。


一方、固定解除は、右側面と裏面の上下にボタンがあってそれらを押すことでアームが拡がります。


同じく側面に付いている赤いボタンは、ロック機構です。

下にスライドさせると、解除ボタンがロ

ックされるので、走行中に間違って指が触れて、勝手にアームが開くといった心配もありません。



マウントの取り付けは工具不要。

ベルトを巻きつけたあとにノブを回して更に締めつけていくタイプです。


取付対応径は、Φ18~Φ40mmとなっておりますので、ハンドルバーはもちろんバイクのフレーム形状によってはトップチューブにも取り付けられます。


またベルト裏には、こちらも滑りにくいようにローレットのような凹凸の加工が施されているので、ガッチリ固定に一役買っています。

走行中にズレたりする心配はありません。




ホルダー部分は、縦にも横にもマウントに取り付けることが可能。


そのまま取り外せますので、コンビニや休憩でちょこっとバイクから離れる時にはホルダーごと持って行けるのが何気に便利です。


対応するスマートフォンのサイズは、下記の通りです。


縦(長)H120-160 mm

横(短)W68-100 mm

高さ(深さ) D13 m



よく見かけるシリコンゴム製のスマホホルダーはなにかとお手軽だけど、すぐにズレたりグラついたりするからチョットなぁ、、、と思われていた方は、是非一度この「Universal Cockpit Adapter(ユニバーサル コックピット アダプター)」を堅牢にお付け下さい!







【メーカー】:busch + muller(ブッシュ&ミューラー)

【商品名】:Universal Cockpit Adapter(ユニバーサル コックピット アダプター)

【対応径】:Φ18~Φ40mm

【対応デバイス】:W68-100 x H120-160 X D13mm

【カラー】:ブラック

【価格】:¥4,950 (税込)




0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page